カードを選ぶ際には自分の必要をまず考えて

近年、様々な会社がクレジットカードを発行しておりサービスもそれぞれ多岐に渡っているので、本当に自分にやくだつカードを選ぶのは簡単ではありません。現実的に考えてすべてのカードを比較するのは無理なことです。それで、まずは自分がなぜカードを持ちたいのか、あるいは持つ必要があるのかをよく考えることが大切です。いろいろな特典があるカードでもそれが自分にとって不要であるならば何の意味もないからです。逆にカード会社から、自分にとっては不要なさまざまなサービスを知らせるダイレクトメールやEメールが送られてきて、煩わしいだけです。

私が初めてのクレジットを作ったのは今から20年余り前の20代半ばのことでした。生まれて初めて海外旅行に行くにあたり、一枚あった方が便利だと思い作りました。当時住んでいた自宅の近くのスーパマーケットで買い物するとポイントが付いたり割引き特典が受けられたりするカードでした。そのスーパーにはよく買い物に行っていましたから、その後、そのカードを活用することにはそれなりのメリットがありました。
現在、私がカードを選ぶ際に考慮する点の一つにポイント機能があります。カードによって、どこで買い物をしてもポイントがつくものもあれば、特定の店での利用に限りポイントがつくものもあります。また、その貯めたポイントをどのように活用できるのか、ということもカードによってまちまちです。比較的容易にポイントを使えるものもあれば、手続きが複雑なものもありますので、事前にある程度調べておくと、後で後悔することはないでしょう。

いずれにせよ、新しいクレジットカードを作る前には、まず、自分のニーズをかんがえて、それからそのニーズに見合ったカードを見つけたいものですね。